ブログトップ | ログイン

中野自動車商会 中野忠浩のブログ(燕市)0120-559-154

新潟県燕市旧分水地区で50年以上営業している中野自動車商会の2代目のブログ。車検・鈑金・ロードサービス・バッテリージャンピング・保険修理・4輪ホイルアライメント・パンク修理


by 中野 忠浩
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

12月1日から「ながら運転」の罰則が強化されます。



12月1日から「ながら運転」の罰則が強化されます。_b0237229_17293095.png
1・道路交通法
(運転者の遵守事項)
第七十一条 車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。
五の五 自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号若しくは第十七号又は第四十四条第十一号に規定する装置であるものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)に表示された画像を注視しないこと。


道路交通法をわかりやすく表現すると

ながら運転とは、運転中にスマホや携帯をしようすることやナビ画面を注視することとなっている。

ナビ画面の注視はどこからがナビ画面の注視になるのか疑問に思ったので

燕警察の交通課に質問してみた。

回答は

ナビ画面の注視について明確な規定はないけれど

事故等が発生したときに、ナビ画面の注視がその原因になった場合に

その罰則を適用しますということでした。

また、手でスマホを持っているのはすぐに違反となるが

スマホを固定具などにつけてそれを見るのは

直ちに罰則する等の対象にはならないとの事でした。


まあ、いずれにしても12月1日から道路交通法がかわります。

取締が強化されると思いますので

いろんな意味で安全運転に気をつけるのがいいかと思います。






by nakano-auto | 2019-11-26 17:30 | アートスマイル車検 | Comments(0)