ブログトップ | ログイン

中野自動車商会 中野忠浩のブログ(燕市)0120-559-154

新潟県燕市旧分水地区で50年以上営業している中野自動車商会の2代目のブログ。車検・鈑金・ロードサービス・バッテリージャンピング・保険修理・4輪ホイルアライメント・パンク修理


by 中野 忠浩

中古車のメーター改ざんが増加しているようです。

中古車のメーター改ざんが増加しているようです。_b0237229_08410114.jpg
            最近、静岡、愛知、岐阜の中古車販売業者がメーターの巻き戻しを

            行った車両を販売し逮捕されている案件が増えています。

            ここで、一つ疑問が車検時に車検証に過去二回の事件時の

            走行距離が記載される仕組みになっています。

            メーターを巻き戻しても車検証をみればすぐにばれるのに?

            不正な業者の手口は?

            メーターを巻き戻してから短期間に2回車検を通します。

            すると、過去2回の走行距離があらたなごまかした走行距離に

            上書きされます。

            ただし、重量税とか2回分かかりますが。

            このような、中古車を誤って購入しないようにする方法は?

            ① 車検証記載の旧走行距離計の日付を確認する。

              不正業者の手口の場合、車検証記載の旧走行距離計の表示値2回が

              非常に接近した日付となっていることが考えられるため、

              車検証の旧走行距離計の日付をチェックすること。

              不正業者は2回の車検を1ヶ月以内に行っていることが多い。

            ② 車両のコンディションをチェックすること

              定期点検記録簿がない。走行距離が少ないにもかかわらずシートのへたりが

              ある。など表示されたし走行距離よりも明らかに過走行でないかを

              チェックする。

            ③ 日本自動車査定協会の各都道府県にある支所に車を

              持ち込めば手数料1500円で調べてもらえる。


           ちなみに、当社ではよその自動車屋さんの中古車をお客様が取り寄せてくれと

           依頼された場合にはその社長さんの評判や人間性を調べてから手配することが

           あります。

           いい社長さんの場合、たいてい車も間違いありません。

           ということで、ご注意いただければと思います。

by nakano-auto | 2016-01-22 08:40 | おすすめ中古車 | Comments(0)