ブログトップ | ログイン

中野自動車商会 中野忠浩のブログ(燕市)0120-559-154

新潟県燕市旧分水地区で50年以上営業している中野自動車商会の2代目のブログ。車検・鈑金・ロードサービス・バッテリージャンピング・保険修理・4輪ホイルアライメント・パンク修理


by 中野 忠浩
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

新型フィットハイブリッド 月に何キロの走行で元が取れるのか?

新型フィットハイブリッド 月に何キロの走行で元が取れるのか?_b0237229_1243867.jpg


新型フィットのハイブリッドと普通の1300で

ハイブリッドが月に何キロ走行すれば元が取れるのか

検証してみました。

JC08モードで

フィット13G         26.0KM/L

フィットHYBRID      36.4KM/L


車両本体価格       

フィット13G     126.5万円

フィットHYBRID   163.5万円

金利や、値引き、登録諸費用を無視して

5年払いで支払うと仮定した場合


フィット 13G   1265000÷60=21100円

フィットHYBRID 1635000÷60=27250円

その差額は6150円

ガソリン代を155円とした時に

何キロの走行で元が取れるのか?


その時の走行距離をX(Km)とします。

Xキロ走行したときに使用したガソリンは

フィット13G  X÷26.0 リットル

フィットHYBRID  X÷36.4 リットル

それぞれにガソリン代の155円をかけるとその月のガソリン代が出ます。

これに、月額の支払いの差6150円を考慮して式にあらわすと

13Gのガソリン代ーハイブリッドのガソリン代 = 6150円

(X÷26.0×155)ー(X÷36.4×155)=6150円

                    X  =(6150×26.0×36.4)÷155(36.4-26.0)

                    X  =約3610

この時のXを計算すると

Xは約3610Kmとなります。

もし、カタログ値の8割しか走行しないとして

計算しなおすと

3610×0.8=2888

月に2800キロ以上走行しないと

ハイブリッドにした場合の元が取れないことになります。

年間で3万キロ以上走る人ならばハイブリッドで

元が取れますが

そうでなければ

ハイブリッドでなくてもいいと思われます。

フィットの場合は、燃費差の割に価格差が大きいので

使用状況をよく検討して選ばれた方が

良いと思われます。
by nakano-auto | 2013-09-09 12:02 | 実験と検証 | Comments(0)