ブログトップ | ログイン

中野自動車商会 中野忠浩のブログ(燕市)0120-559-154

新潟県燕市旧分水地区で50年以上営業している中野自動車商会の2代目のブログ。車検・鈑金・ロードサービス・バッテリージャンピング・保険修理・4輪ホイルアライメント・パンク修理


by 中野 忠浩
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

複合機のカウンター料金についての途中経過(2か月経過時)

複合機のカウンター料金についての途中経過(2か月経過時)_b0237229_19482765.gif


今年の7月に、会社のコピーFAX複合機を入替ました。

機種は、シャープのMX2310F

この時、同じ機種で2つの会社から

見積もりを取りました。5年リースです。

A社

   リース料 9555円/月    別途カウンター料金  モノクロ3円 カラー20円

B社

   リース料 12945円/月   カウンター料金なし。


コピー機が壊れた時の保障は、A、B一緒です。


私は

カウンター料金がないほうがいいと思ったので

B社を選びました。

ちょうど、2カ月使ってみた時の使用枚数は、

モノクロ 2014枚  カラー 329枚


A社の場合、9555×2+2014×3+329×20=31732円

B社の場合 12945×2=25890円 


差額は、マイナス5842円です。

まだ、初期導入時のインクはなくなってないので

インク代はかかりません。

仮にカラーコピーのカウンターが18円だとしても

5184円、カウンター料金方式に比べて

お特になりました。

導入時に、わざわざ高いリース料を選んで

失敗するのかと思っていましたが

2ヶ月で5000円以上のコストダウンが

出来ました。

なお、今回私が

お取引させていただいた

会社は新潟市にある

アドミックさんで

営業は坪谷さんです。

カウンター料金について

納得できない方には、この方式は

お薦めです。

これから、その後の経過についても

載せていきたいと思います。
by nakano-auto | 2012-09-06 20:11 | 実験と検証 | Comments(0)